[私の読書ノート7] 人生を変えるサウナ術 なぜ、一流の経営者はサウナに行くのか? 

スポンサーリンク
健康

 今回紹介するのは、本田直之さんと松尾大さんが書かれた「人生を変えるサウナ術 なぜ、一流の経営者はサウナに行くのか?」です。

こんな人におすすめ

 アイディアが思いつかない、家庭・仕事場以外に自分の場所が欲しいという人は、ぜひサウナに行ってください。あなただけの場所で誰にも邪魔されません。そんな場所を求めてサウナに行ってください。

 サウナは、あなたに新しい体験を提供してくれるはずです。ただ、サウナに行けばいいというものではありません。サウナには、おすすめの楽しみ方があります。

 それは、この本に書かれています。この本は、サウナについてかかれた本になります。インターネットで「サウナ 本」と検索すると必ずこの本が出てきます。

 今の人生に何かスパイスが欲しい方は、ぜひこの本を読んでみてください。

本のタイトル

人生を変えるサウナ術 なぜ、一流の経営者はサウナに行くのか?

著者

本田直之
 明治大学卒業後、サンダーバード国際経営大学院を修了。レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長CEOで、現在は日本とハワイの2拠点を持ち、デュアルライフを送っている。

 外資系企業を経て、バックスグループの経営に参画し、常務取締役としてJASDAQ上場に導く。そして、日本のベンチャー企業への投資事業を行うと同時に、少ない労力で多くの成果を上げるためのレバレッジマネジメントのアドバイスを行う。

 また、世界各地で食やサウナをめぐる旅で得た経験をもとに、食やサウナのイベントプロデュースを手がけている。 著書にレバレッジシリーズをはじめ。「ノマドライフ」「パーソナル・マーケティング」などがある。

 オンラインサロンに Honda Lab. がある。フィンランド政府観光局認定サウナアンバサダーを務めている。

松尾大
 “ととのえ親方“の愛称で親しまれているサウナー専門ブランド TTNE株式会社代表。フィットネスクラブや福祉施設等、複数の会社を経営する。

世界各地のサウナを渡り歩き、サウナに関する執筆、TV、ラジオ、CM、イベント、デザイン豊かなサウナ室をプロデュースしている。フィンランド政府観光局認定サウナアンバサダー。

感想

 サウナについて、興味を持ったためサウナについてインターネットで調べていました。すると、「サウナハット」と呼ばれるサウナグッズを見つけました。

 サウナグッズが存在するのに、興味を持った私はサウナのアパレルショップ「TTNE」というサイトを見つけました。そして、松尾大さんという“ととのえ親方“の存在を知りました。

 この出会いがこの本を購入するきっかけになりました。この本は、前回の書籍紹介ブログで紹介した「レバレッジ・リーディング」の著者である本田直之さんと松尾大さんが書かれた本になります。

 この2人は、サウナ大国であるフィンランド政府観光局認定サウナアンバサダーに選ばれるほど、サウナ界隈では有名な人です。そのような2人の本なので、サウナ愛が素晴らしいのです。

 私が、印象に残った3つのことについて紹介します。

印象ポイント① サウナの日本史

 サウナが日本にやってきた経緯をご存知の方はいらっしゃいますか。サウナの入り方、サウナの効果は知っている人は多いと思いますが、歴史まで知っている方は少ないと思います。

 そのようなサウナの歴史を知ると他のサウナーより一歩サウナ道を極めることができますよ。

印象ポイント② サウナ用語

 サウナ用語で有名なのは、「ととのう」ですよね。あとは、「羽衣」ですかね。「あまみ」を知っている人は少ないと思います。

 この「あまみ」は、水風呂から上がった時に肌がまだらに赤くなる現象のことを言います。この「あまみ」が起きたら、あなたのサウナの入り方は、正しいです。

印象ポイント③ ウナを入るとアイディアが生まれてくる

 この本では、この現象について説明してくれています。簡単に紹介すると重要度の低いものと緊急性が高いものが頭の中から消えるからです。

 この続きは、ぜひこの本を購入して読んでください。

まとめ

 私は、この本を読んでやっとサウナ道に入門できたと思っています。

読む本は、flier(フライヤー)で本の要約を読んでから決めると効率的です。

flier(フライヤー)の詳細はこちらに

[社会人必見] 本の要約サービスflierでたった10分でおすすめ本が見つかります。
この記事では、社会人である私が使っている本の要約サービスflier(フライヤー)について紹介します。読書習慣がない社会人の人は、使ってみて損がないサービスです。flier(フライヤー)の説明から実際に使ってみた感想を紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました