[私の読書ノート20] お金が貯まる人は、なぜ部屋がきれいなのか 「自然に貯まる人」がやっている50の行動

スポンサーリンク
読書ノート

 今回紹介する書籍は、黒田尚子さんの「お金が貯まる人は、なぜ部屋がきれいなのか 「自然に貯まる人」がやっている50の行動」です。

こんな人におすすめ

  ・お金を貯めたい人
  ・ライフステージにあったお金の貯め方を知りたい人
  ・お金と日々の生活の関係を知りたい人

本のタイトル

  お金が貯まる人は、なぜ部屋がきれいなのか 「自然に貯まる人」がやっている50の行動

著者

 黒田尚子
 1969年生まれ。立命館大学法学部卒業後、92年に日本総合研究所に入社。在職中にFP資格を取得、98年独立系FPとして転身を図る。

 現在は、各種セミナーや講演、執筆、個人相談を中心に幅広く行う。CNJ認定 乳がん体験者コーディネーター、消費生活専門相談員資格取得。がんとくらしを考える会・理事、城西国際大学・経営情報学部非常勤講師なども務める。

 主な著書に『がんとお金の真実(リアル)』『親の介護は9割逃げよ』『病気にかかるお金がわかる本』等、監修書に『マンガで解決 親の介護とお金が不安です』『おひとりさまのはじめてのエンディングノート』がある。

あらすじ

 “貯まる“行動原理の基本をお金のプロが教える。こんな人は注意。

 ・冷凍庫に保冷剤がたまっている
 ・黒いパンツがクローゼットに3枚以上ある
 ・まとまったお金が手に入ったら、投資に注ぎ込みたい
 ・貯金が増えない理由は収入が低いからと思っている。

 日々の行動と貯蓄の関係を読み解く。投資以前のお金の習慣を紹介。

感想

 私は貯金が苦手です。気づいたらお金がなく、困っています。周りの人と同じ分だけの収入があるはずなのに、周りの人は貯金が出来て、私は出来ません。この理由をずっと疑問に思っていました。

 お金の管理をするために家計簿をつけたことがあるのですが、改善することはありませんでした。学生を卒業して、社会人になった今、お金の管理は将来の生活に影響します。

 どうしても、お金を貯めたいと思ったときに出会ったのがこの本です。お金に関する本は、投資について書かれていることが多いのですが、この本は日々の生活について書かれていました。

 私は、投資よりも日々の生活を生きていくことが重要だと思ったため、この本にはすごく惹きつけられました。日々の生活を見直したい人におすすめの本です。

 ここで私が印象に残ったことを3つ紹介します。

印象ポイント① お金を貯めている人は部屋が片付いている

 この本で紹介されていた部屋が片付けられない人の共通点は、
1買い物好きでついに衝動買いしてしまう
2買い置きやまとめ買いをしていないと不安
3無料たおまけに弱い
4勿体無くて捨てられない
5使ったものを元の場所に戻さない
とのこと。

 私は、4番と5番に当てはまっています。では、どうして部屋を片付けをする人はお金を貯めることができるのでしょうか。

 片付けとは、ものを適正な量まで減らして、一定の収納の枠に入れる作業のことです。この作業を行うことで、ものとお金が見える化され、頭の中の「もったいない」という葛藤がなくなり、自分自身をスッキリ空間で見つめ直すことができます。自分自身との会話で我が家のものの適正量がわかり、本当に必要なものと好きなものがわかることで、お金遣いに無駄がなくなり、お金が貯まるそうです。

 私はいつも頭の中がモヤモヤしています。まずは、頭のモヤモヤをなくしていきます。

印象ポイント② 冷蔵庫の中が汚い家は、100%食費の無駄遣い

 冷蔵庫とは、そのご家庭の生活レベルや価値観がよく出る場所で、生活に深く密着しています。この冷蔵庫の中身を片付けることができると、食費はコントロールできるそうです。

 私の冷蔵庫は調味料がたくさんあって、ごちゃごちゃしています。すごく反省してます^^;。

 では食費は月の手取りに対してどの程度に設定すればいいのでしょうか。その答えがこの本に書かれていました。それは、一人暮らしの場合は月の手取りの15〜18%、ファミリーの場合は手取り15%程度とのことです。私の家計簿を見たところ、食費は25%でした(笑)。

 さらにお金が貯まらない冷蔵庫あるあるも紹介されていました。
1食材、食品を入れる場所が決まっていない
2賞味期限切れのや食材を腐らせてしまう
3大容量の調味料
4飲み物が大量に冷やしている
5冷凍庫にちょっと余ったごはんた肉などが大量に
 皆さんは何個当てはまっていましたか。私は、4つでした。

印象ポイント③ 子どもの金銭教育の導入

 これからの時代は、技術が発展していき予測不可能な時代です。そんな時代を生き残るためには、一人ひとり主体的に考え、動く必要があります。それは、お金も同じです。

 2022年から高校で、金銭教育が行われているそうです。この授業で、生涯の生活を設計する力を養うことができるそうです。(いいな〜、いきなり社会人になって、生活設計することになってどうしたらいいのかわからないから受講したいです。)

まとめ

 片付けを習慣化して、お金を貯めたいです。

読む本は、flier(フライヤー)で本の要約を読んでから決めると効率的です。

flier(フライヤー)の詳細はこちらに

[社会人必見] 本の要約サービスflierでたった10分でおすすめ本が見つかります。
この記事では、社会人である私が使っている本の要約サービスflier(フライヤー)について紹介します。読書習慣がない社会人の人は、使ってみて損がないサービスです。flier(フライヤー)の説明から実際に使ってみた感想を紹介しています。
タイトルとURLをコピーしました