[私の読書ノート15] はじめてのブログをワードプレスで作るための本[第3版]  

スポンサーリンク
副業

今回紹介する書籍は、じぇみ じぇみ子さん[著]、染谷昌利さん[監、著]の「はじめてのブログをワードプレスで作るための本[第3版] 」です。

こんな人におすすめ

 ・ブログを始めたい人
 ・ワードプレスの基本を知りたい人
 ・ブログの教科書的本が欲しい人

本のタイトル

はじめてのブログをワードプレスで作るための本[第3版] 

著者

 じぇみ じぇみ子

 ブロガー / Webライター / Webデザイナー

 ブログメディアの運営やLINEスタンプの販売・WEBメディアへの寄稿など、チラシデザインやWEBサイトの制作なども受注するフリーランスとして幅広い活動を行なう。

 企業でテクニカルサポートに従事し、顧客度満足度を上げるための研修を担当した知識を生かして、パソコン初心者向けのブログ講師や、超初心者向けのSNS発信・SEOに関する講演活動なども精力的に行なっている。

 染谷昌利

 株式会社MASH代表取締役。

 1975年、埼玉県で生まれる。12年間の会社生活を経て、インターネットからの集客や収益化、アフィリエイトを中心としたインターネット広告の専門化として独立。

 現在はブログメディアの運営とともに、書籍の執筆、企業や地方自治体のアドバイザー、講演活動も行う。All Aboutアフィリエイトガイドとしても活動。

あらすじ

 将来、ブログでお金を稼ぎたいと思っている方必見。この本は、ワードプレスを用いた、サイト運営の中でも、ブログの書き方に絞って紹介しています。

 ブログ運営をするには、ワードプレスの使い方を覚える、独自のドメインやサーバーをレンタルする、沢山の人に読んでもらう記事を書く必要があります。

 これらはとてつもなく難しそうな作業ですが、本書を読みながらブログ運営をすると楽勝に運営できます!

感想

 私は、ワードプレスを使ってブログを投稿しています。ワードプレスの使い方の本は、世の中に沢山出版されています。しかし、それらの本の多くは、ショッピングサイトや仕事に使うWEBサイトを立ち上げる内容がほとんどです。

 ブログに特化した本はなかなかありません。この本は、ブログに特化した内容なので、私にはとてもマッチしました。実際のパソコン画面を使って、丁寧に教えてくれるのでわかりやすく飽きないです。

 私が印象に残ったことを2つ紹介します。

印象ポイント1:読みやすさ○

 読みやすいです。

 実際にパソコン画面を使って紹介してくれてたり、行間が広かったりと読者が読みやすくなるような工夫がされています。

 便利になるプラグインを紹介するだけではなく、細かな設定も紹介してくれている点も素晴らしいです。

印象ポイント2:読者層

 読者をワードプレスでブログを投稿している人に絞っている点です。そのターゲットとなった層に当てはまった私は、この本でブログ運用を知りました。ターゲット層を絞る大切さを再認識しました。

 このブログでも、読者層をそろそろ固めて特化ブログを投稿したいですね。

まとめ

将来、お小遣い稼ぎをしたいと思ってブログを投稿している方は、ぜひ読むことをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました