ソン・ウォンピョン著 小説「三十の反撃」から学べる人生に役に立つ名言集〜不満に反撃するための言葉達〜

スポンサーリンク
小説

 ソン・ウォンピョン著 小説「三十の反撃」が2022年本屋大賞翻訳小説部門で第1位になりました。

 この小説には、世の中という不満の大きな壁と戦う全ての人に向けた心温まる名言が存在します。

 この記事では、小説を見た人もこれから見る人にも覚えてほしい名言達を紹介していきます。

 三十代という人生にある程度慣れてしまった人が反撃するための言葉を心に刻んで、不満と戦い続けましょう。

created by Rinker
¥1,760 (2022/12/05 06:45:30時点 楽天市場調べ-詳細)

「三十の反撃」とは

 2022年本屋大賞翻訳小説部門で第一位に選ばれた小説になります。

 全ての人に勇気と力をくれる共感書になります。

 韓国が舞台なのですが、日本と同じような国民性のため共感できるところが多くあります。

著者:ソン・ウォンピョン

 韓国ソウル生まれ。

 ソガン大学で社会学と哲学を学ぶ。

 韓国映画アカデミーで映画演出を専攻し、賞を受賞。2020年には長編映画監督作品「侵入者」が公開。

 その後、長編小説「アーモンド」で文壇デビュー。

 続いて出版したこの「三十の反撃」で第5回済州4・3平和文学賞を受賞。

あらすじ

 1988年ソウルオリンピックの年に生まれ、三十歳になった非正規職員のキム・ジへ。

 88年生まれに一番多い名前「ジヘ」と名付けられた彼女はその名の通り、平凡を絵に描いたような大人になっていく。

 大企業の正社員を目指すジヘの前に現れたのは、同じ年の同僚ギュオク。

 彼の提案する社会への小さな反撃を始めることになったジヘは、自信を見つめなおし、本当にしたかったことを考えるように。

 そして、ついに「本当の自分」としての一歩を踏み出すことになる。

 以上が、簡単な説明になります。

 それでは、あなたに覚えてほしい言葉を紹介していきます。

名言

名言① 私の人生の始まりは、ある人にとってはいつまでも語り継ぐ特別な思い出だ

キム・ジヘ

人物:キム・ジヘ

主人公。

 大学卒業後、正社員になれずにインターンとして同じ企業に何年も働く。

 青春の始まりを考えた時の言葉。

感想

 私は、うつ病になった時にずっと生まれたことについて疑問に思っていました。

 塾代や学費を出してもらっていたのに、すぐに会社を辞めたがって。

 何をしているのだろうか。

 本当にお金だけかかるような子どもだと感じていました。

 今は病院に行き、だいぶ気が楽になりましたが、時々思います。

 意味があるのかなと。

 この言葉は、そんな思いを抱いている私にとって救いの言葉になりました。

名言② 人は、適当に仕事するべきだ。正確に言えば、分相応に。与えられた時間と給料に見合った分だけ。

キム・ジヘ

人物:キム・ジヘ

 主人公。

 大学卒業後、正社員になれずにインターンとして同じ企業に何年も働く。

 仕事に対しての言葉。

感想

 うつ病になる前の私なら、この言葉に対してどうも思っていなかったと思います。

 ですが、うつ病になった私には、この言葉はその通りだと思います。

 自分の能力を客観的に考えて、できる仕事をしていくべきです。

 能力を超えた仕事をすると必ずつけが回ってきます。

 つまり、体を壊すのです。

 体を壊してからあの時と後悔しても遅いのです。

 健康にいることが誰にとっての一番の大仕事なのです。

 私は、健康を大事にしていきます。

 その代わり、自分にできることは責任を持って行っていきます。

名言③ 間違っていることを間違っていると言うだけでも、少しは世の中が変わるのではないかと。

イメージ画像がないのでお気に入りの猫の写真を載せます。

人物:ギュオク

 自分の作品が盗作され、盗作した教授に公衆の前で反撃した男。

 主人公になぜ、そのようなことをしたのかと問い詰められた時に答えた言葉。

感想

 この言葉は、この小説で最重要キーワードだと思います。

 社会人になって気づいたことは、現状を維持することが一番楽ということです。

 間違っていても、自分に怒りの矛先が来なければ、まあいっかと思ってしまします。

 間違いを改善することはもちろんのこと、間違いを指摘することも体力と気力を使います。

 ですが、自分を守るためにも指摘することは重要だと思い知らされました。

 間違っていることを間違いだと声を上げれるようなギュオクのような人間になりたいと思いました。

名言④ 人がいつどうやって保守化するかわかる?はっきりとした財産ができたとき。

イメージ画像がないのでお気に入りの埴輪の写真を載せます。

人物:ダビン

 主人公の友人。

過去に積極的に行動した彼女が、ママ友にハブられないように行動しているなど保守的な行動をし始めた理由を答えたときの言葉

感想

 社会人になってから、思い切った行動をできなくなったと思います。

 明日のことを考えずに、やりたいことをやっていた学生時代に比べ、社会人になってからは責任がまとわりつくようになりました。

 積極的から保守的な行動をするようになりました。

 この言葉から、社会的な地位という財産を守るために考え方が変化したのだと思いました。

 今後、家族ができた時にはもっと保守的な行動をとるようになるのかなと思います。

 守るべきものを守るための考え方の変化なので、保守化したなと思った時には大切な財産ができたのだと思うようにしていきたいです。

名言⑤ 誰にでも心の奥底に、いろんな姿をした人が何層にも重なってたくさん入っている。

イメージ画像がないのでお気に入りのモニュメントの写真を載せます。

人物:ユ・チーム長

 主人公の上司。

 主人公に対して、きつい態度で接していた。

 主人公が仕事を辞める時に、実は期待していたと伝える。

 退職品として、マトリョーシカを主人公に贈った時の言葉。

感想

 気分がいい時や悪い時、自信がある時やない時と、今日の自分は昨日の自分と違うと思うことってありますよね。

 弱虫の自分や勇敢な自分と、多くの人格が心の中にいるような気がします。

 それを表した言葉だと思いました。

 また、マトリョーシカで表しているのは素敵ですね。

 ユ・チーム長は、普段は主人公に対してぼやいていますが、そのぼやきの内容はよく考えてみるとその通りだなと思うことばかりです。

 例えば、家族を持てば変わるとかです。

 私も、職場でぼやかれることが多くあります。

 嫌だなと思っていましたが、よく考えてみると実は何かの意味があるのかもしれないと思えるようになりました。

 ちょっと、真剣に聴いてみようかな。

 反撃することで、気づける大切なことはあると思います。

 この本を読んで、大切なことを手に入れてください。

created by Rinker
¥1,760 (2022/12/05 06:45:30時点 楽天市場調べ-詳細)
タイトルとURLをコピーしました