[忙しい人必見]  本要約サービスを比較した私のおすすめ本要約サービスを紹介

スポンサーリンク
おすすめ記事

 この記事では、本要約サービスを使い続けた私がおすすめする本要約サービスを紹介します。インターネットで「本要約サービス」と検索するとたくさんのサービスがヒットします。その中でも、検索ヒットしやすい本要約サービスを4点選び、それぞれ特徴、値段を比較しました。

読書の効果

 私は、週に3冊本を読む、自称本が好きな人です。そんな私は、本の要約サービスを使って、本を選択しています。読書は、お金がかかる自己投資です。ですが、読書は株やFXのように損する可能性がある自己投資ではありません。損はしない費用対効果がすごく高い自己投資です。そんな読書について詳しく紹介している記事がありますので、ぜひ読んでください

第1回 読書術を伝授!読書術本を読んできた私がおすすめする読書術〜読書とは〜
この記事では、週に3冊本を読む私が出会った読書術についてまとめた記事になります。第1回のこの記事では、読書の効果について紹介しています。読書には人生を変える力があります。読書をおろそかにしている方にぜひ、読んで欲しい内容になっています。

 読書は、読む本によって得られる情報が変わります。出版社や作家さんのようにプロであれば別ですが、ほとんどの人は自分にとって必要な本を選択することは困難です。1冊が1000~2000円程度ですが、数が多くなると家計に与える影響は計り知れません。

 よく考えて本を購入しないと、今自分に必要な本と出会うために、多くのお金と時間を使ってしまいます。では、どうしたら効率よく自分に必要な本を選択することができるのでしょうか。その答えは、本要約サービスを使うことです。

本要約サービスとは

 本要約サービスとは、月額で本の要約を読めるというサービスになります。「要約」は、本の中身を忠実に再現しています。「書評」とは、読者の感想になります。「要約」と「書評」は違うものになっていますので、ご注意ください。

 読書をするメリットには、先ほど紹介したようなものがあります。ですが、それは自分にとっての良書を選んだ時に限ります。読書には、本を買うためにお金と本を読むという労力がかかります。せっかく購入した本が自分に合っていないと、お金と労力の無駄になります。

 読書で一番大事なのは、今の自分に合った本を読むことです。この本の選定に便利なのが、本要約サービスになります。本の要約を読むことで、今の自分に必要なのかが分かります。著者が本当に伝えたいことを数分で読める程度の文量にまとめてくれているため、1冊あたりに時間がかかりません。

 しかも、要約にはいますぐ実践できることが書かれていることが多いです。本の要約サービスの月額は本1冊~2冊程度なので、気軽に利用できます。

この記事で紹介する本要約サービス

この記事では、4つの本要約サービスを紹介します。

①flier(フライヤー)

特徴

flier(フライヤー)の大きな特徴は4つあります。

①1冊10分で読める要約

 なんと10分で1冊分の要約が読めます。10分で読めることは、通勤時間や休憩時間などの隙間時間に読めることを意味しています。忙しい中でも最新のトレンドを押さえておきたい、情報収集をしたいビジネスパーソンの救世主になるサービスです。

②ビジネスパーソンが今読むべき本を厳選

 flier(フライヤー)は月に2回、大学教授や著者、出版関係者や経営者などからなる選書委員会を設け、紹介する書籍を厳選しています。こうして厳選された書籍は、ビジネスパーソンにとって高い価値を提供します。

③出版社・著者からお墨付き要約

 経験豊富な専門ライターが要約を作成し、社内で厳選なチェックが行われます。さらに、すべての要約は出版社・著者の目を通るので、高品質な要約になります。お墨付きになるのです。

④1冊15分で聴ける音声版

 要約は、なんと音声でも聴くことができます。手が塞がる移動中や運動中、ブルーライトをカットしたい寝る前におすすめです。しかも速度が変更できます。

値段

 flier(フライヤー)は3つのコースを用意しています。フリープラン、シルバープラン、ゴールデプランです。

 私がおすすめするのは、ゴールデプランです。このプランはすべての要約文を読むことができます。お値段は1ヶ月で1980円(私がこの記事を書いているとき)です。ビジネス書は、1冊あたり1000~2000円します。つまり、1冊を購入するのと同じ値段で2000冊以上のビジネス書の内容を把握できるのです。

おすすめの使い方

 最新のトレンドや仕事の本質を効率よく集めるにflier(フライヤー)を使いましょう。1冊10分という短時間で、質の高い情報を手に入れることができます。さらに、興味を持った書籍に関しては、本屋さんで買いましょう。

 flier(フライヤー)で購入する本を選定を行うのです。読書初心者で何を読んだらいいのかわからない人は、flier(フライヤー)で紹介されている書籍を購入することをおすすめです。読書はお金がかかりますから、できるだけ上手なお買い物ができるようにしたいですからね。

 本の選定をして、本を読む終わったら私は、同じ本の要約を音声で聞きます。時間帯は、睡眠前です。何度の情報をインプットすることで、読書で得た知識を身につけることができます。何度も触れることこそ、ビジネスで実践するために必要不可欠です。睡眠前に聴くのは、脳にインプットされやすいからです。

②SMITH

特徴

 SMITHの大きな特徴は4つあります。

①記事機能

 毎朝、さまざまなジャンルの本から1冊1分で読める記事が投稿されます。内容は、本の重要なポイントのみとなっています。しかも、ただ紹介されるだけではなく、ワンフレーズとポイントが解説されています。要約だけでは、本で身につけた内容がどう活かせるのかがわからないことが多いです。この解説があることで、実際の活かし方がわかります。

②ストック機能

 記事をワンクリックで保存する機能です。いつでもどこでも、気になった記事を保存、探し出すことができます。保存した内容を何度も何度も復習すると記憶に残ります。さらに、ただ記事を保存するのではなく、メモをも残すことができます。過去の自分と現在の自分は、考え方が変わっているため、新たな気づきが得られます。

③検索機能

 全ての記事から、自分の読むたいものをピックアップできます。

④コメント機能

 記事に対して、コメントができます。他の人の意見を知ることで、学びが深まります。他の人の意見を知る、まるで読書会に参加したような気持ちになれ、繋がりも生み出します。

値段

 月額980円です。ビジネス書を1冊購入するよりお得です。さらに、最初の30日間は無料で使えるため、合わないと思ったら、すぐに解約すればいいです。一旦使ってみてはどうでしょうか。

おすすめの使い方

 朝の仕事に行く前にSMITHを使ってはいかがですか。朝の時間で、1分で仕事に活かせるような本の内容を身につけられます。そして、身につけた内容を仕事に活かしみて、自分に合っていると思った時、本を購入しましょう。誰にも当てはまる究極の仕事術なんてないです。

 まずは実践してみて、自分に合うかを考えてましょう。この過程で購入した本で後悔することはありません。さらに、コメント機能を使いましょう。他の人の意見は、自分を刺激してくれます。人の数だけ意見はあります。異なる意見に毎日触れることで成長できます。

③SERENDIP

特徴

SERENDIPの大きな特徴は4つあります。

①新しい知との思いがけない出会い

 本にはたくさんのジャンルがあります。ビジネス書や自己啓発本、文庫本などあります。たくさんのジャンルの本を読むことで、教養人になっていきます。しかし、私たちは無意識の内に偏ったジャンルの本しか読んでいません。それは、そもそもジャンルを知らないこと、読み慣れていないジャンルは読みにくいものだという偏見を持っているためです。SERENDIPでは、たくさんジャンルの本と出会うチャンスがあります。新たな知と出会うチャンスがあります。しかも要約文量が3000文字と10分で1冊読めます。

②著者の表現だけを使う

 同じことを表すにしても、表現で受け取り方が変わります。SERENDIPでは、著者の表現をそのまま使っています。表現に美しさを味わうのも読書の醍醐味です。着飾らない表現で読めるため、好きな表現をする著者と出会えます。

③海外で人気な本も要約対象

 私が考えるSERENDIPの最大の特徴は、海外では話題だが未翻訳の書籍の要約も読めることです。日本で話題の本の内容を身につけるだけでは、仕事での他者との差別化が難しいです。周りの人が知らない知識を身につけることで、差別化できます。その差別化するための方法がSERENDIPにあります。

④全ての要約は、著者及び出版社に許諾を得ている

 許可を受けているため、安心して読めます。いつか話題になったファースト映画とは違います。

値段

 年間33000円(税込)です。いきなり契約するには、ちょっと考える値段ですが、安心してください。2週間の無料トライアルがあるので、一度試すことが可能です。是非、無料をトライアルを体験してください。

おすすめの使い方

 SERENDIPでは、毎日要約が配信されています。新着の要約は、メールでプッシュ配信してくれるので、見逃す心配がありません。新しい要約を読むために、いちいちサイトを開くことがないので、時間を無駄にすることはありません。

 また曜日ごとに文庫本、海外書籍など分野が分かれているので、計画を持って要約を読むことができます。要約は10分で読める文量なので、隙間時間に読み、商談や経営層との会話や、同僚や部下への情報共有、また、資料作成やアイデア出しのヒントに使ってください。

④BOOK SMART

特徴

 BOOKSMARTには大きな特徴が4つあります。

①4000文字でわかりやすい要約

 4000文字で本の内容を要約してくれます。4000文字読むのに10分程度ですので、朝の忙しい時間、隙間時間に読むことができます。要約者は、ビジネスの経験豊富な方々です。ビジネスの現場を知っている人と知らない人の文では、説得力が違います。どうせ時間をかけるなら、経験豊富な人の要約を読みましょう。

②500冊以上の良書が読み放題、すぐに原著を購入できる

 いくら10分で要約が読めると言っても、どうしても時間がない時ってあります。BOOKSMARTでは過去に紹介された本の要約文を読み直すことができるため、無理して読む必要はありません。さらに、気に入った本があればその場ですぐに購入することができるため、本を探すという労力がなくなります。

③毎週2、3冊要約が加わる

 新しい内容が週に2、3冊加わります。そして、加わった時はメールにて知らせてくれるので、読む忘れ防止ができます。

④厳選したビジネスパーソン必読書を配信

 BOOKSMART編集が毎月100冊前後の書籍に実際に目を通し、厳選したビジネス書を配信しています。プロが選んでいるため、学んだ知識は仕事に役に立つはずです。

値段

 年間18000円(税込)です。2週間の無料トライアルがあるので、一度試すことで自分あっているかを確認できます。。是非、無料をトライアルを体験してください。

おすすめの使い方

 BOOKSMARTに紹介されている本は、経験豊富なビジネスパーソンが要約しています。ビジネスに本当に必要は力が身につく本が紹介されています。1日の始まりに10分程度で1冊分読みます。そして、身についた知識を実践に使います。すると、大体使えます。このように、朝新しい知識をインプットして、仕事でアウトプットすると成長できます。

私がおすすめする本要約サービス

これまで、本要約サービスについて特徴・値段・おすすめの使い方について紹介してきました。最後に私がおすすめする本要約サービスを2つ紹介します。後悔させません。

おすすめ① flier(フライヤー)

 1つ目におすすめするのは、flier(フライヤー)です。

ポイント

 flierが他の本要約サービスと異なるのは、音声サービスです。音声サービスがあるのとないのでは、本の内容が身につく速度が違います。

 目からの情報と耳からの情報のダブルの情報を持つことで、頭の中に残りやすいです。英単語でも同じことが言えますよね。

 また、音声で聴けるというとは、手が離せない運転中や家事中に聴けることもポイントが高いです。詳しいflier(フライヤー)の情報については、下記の記事をご覧ください。

[社会人必見] 本の要約サービスflierでたった10分でおすすめ本が見つかります。
この記事では、社会人である私が使っている本の要約サービスflier(フライヤー)について紹介します。読書習慣がない社会人の人は、使ってみて損がないサービスです。flier(フライヤー)の説明から実際に使ってみた感想を紹介しています。

おすすめ② SMITH

 2つ目におすすめするのはSMITHです。

ポイント

 SMITHは圧倒的安さを誇っています。これまで紹介してきた他の本要約サービスと比較して、安いです。

 また、コメント機能付きなので、他の方の意見を知ることができるのも大きなポイントです。

 詳しいSMITHの説明は下記の記事をご覧ください。

[社会人必見] 書籍要約アプリSMITHで朝の1分でビジネスで役立つ情報が見つかります。
この記事では、書籍要約アプリSMITHを紹介しています。また、私が使ってみた感想と私なりの使い方を紹介します。読書要約サービスはたくさんありますが、このSMITHはさまざまなサービスの中でも、最短で仕事に活かせる内容を身につけることができます。

まとめ

 本要約サービスを使って、有意義な読書ライフを満喫しましょう。

タイトルとURLをコピーしました