ジェイミー・カーン・リマ著 「Believe It 輝く準備はできてるか」を読んだ感想&覚えておきたい名言を紹介

スポンサーリンク
実話

 ジェイミー・カーン・リマさんをご存知ですか。彼女は、イットコスメティックの創業者でフォーブス誌が発表する「自力で最も稼いだアメリカ女性」のリストに名前が載ったほどの成功者です。

 今回は、そのジェイミー・カーン・リマさんが書かれた「Believe It 輝く準備はできてるか」を読んだ感想とその中で私が感動した言葉を紹介します。皆さんの心に響く言葉があることを祈っています。

  1. ジェイミー・カーン・リマ
  2. 本「Believe It 輝く準備はできてるか」
    1. あらすじ
    2. 感想
  3. 名言紹介
    1. 名言1「どうして」と思うこと
    2. 名言2 直感を信じなさい
    3. 名言3 ギブアップ?それともレベルアップ? どちらのアップを選ぶ?
    4. 名言4 あなたという人間は、あなたが最も共に時間を過ごす五人の集大成
    5. 名言5 本物でありすれば、成功が自動的に保障されるわけではない、けれども偽物は必ず失敗する
    6. 名言6 一匹狼になることは恐怖の表れ
    7. 名言7 お化粧と言う行為に時間をかけることで、自分にはお手入れするだけでの価値があると認めることにもつながる
    8. 名言8 何かが欲しいなら、何かを求めるなら、まずは与えることだ。そうすれば、間違いなく手に入る。
    9. 名言9 あなたのエピソードから刺激を受ける必要がある人、自分にもできるんだと信じるためにあなたの体験談を見聞きしたい人からチャンスを奪わないで
    10. 名言10 私たちの内側には、1人残らずに光がある。その光は、自己不信を徹底的に焼き尽くすことも、行き先を照らすこともできる。その光は、嘘偽りのない姿で前に出て、みんなに認められる力と自信を与えてくれる。
    11. 名言11 夢を手放す時を知るのは、夢を追いかける時を知るのと同じくらい大切
    12. 名言12 あなたという力を使ってあなたは何をしますか
  4. まとめ

ジェイミー・カーン・リマ

 イットコスメティックス創業者。自宅のリビングで始めた同社を、米国最大級の高級化粧品ブランドに成長させる。同ブランドを12億ドルでロレアルに売却し、100年越の歴史を掲げるロレアル内で、初の女性CEOとなる。

 彼女の顧客に注ぐ愛情と驚くほど正直な自分らしさ、強力な信念によって、フォーブス誌が発表する「自力でもっとも稼いだアメリカ人女性」に選ばれる。現在は2時の母であり、投資家、スピーカー、女性を鼓舞する。また慈善活動にも注力。

本「Believe It 輝く準備はできてるか」

あらすじ

  本書は、華やかなサクセスストーリーの裏側に隠された本当の物語。 

 「答えはノーです。御社への投資は見送らせてもらいます。正直言って、あなたのような見た目の人から化粧品を買う女性がいるとは思えないんですよ。というか、その体型と体重じゃあ」これはある投資家から伝えられた言葉。しかし、この弱さを武器にして会社を全米最大級の高級化粧ブランドにした著者。

 あなたの弱さは武器になる。過度に加工された美肌モデルの写真を見せつけられて、女性たちは、どうやって自分を美しいと思えるんだろう? 生放送ですっぴんをさらけ出し、美の「常識」に挑んだ著者が、究極の「自分を信じる力」を手にするまでの物語。

感想

 この本を読もうと思ったきっかけはなんだろうと考えても、答えが出ません。私は、教養が足りないため著者(ジェイミー・カーン・リア)のことは知りませんでした。彼女がどのような人で、どのような成功者なのか何も知りませんでした。

 しかし、私はこの本を購入し読みました。私は、きっとこの本の表紙に書かれている「輝く準備はできてるか」という言葉に興味が惹かれたんだと思います。私は、何も取り柄がない人間です。そんな私に向かって、この本は「輝く準備はできてるか」と問いかけてきたのです。

 私は無難に生きていけたらいいなと思っていますが、心の中では輝きたいと思っています。このブログを大きくしていきたいと考えていますが、周りの誰にもブログをやっていることを伝えていません。きっと、恥ずかしいと思っているからでしょうか。

 そんな私を引っ張ってくれる本だと思い、読みました。本の中身は私の知らない有名女性のサクセスストーリーとその裏側にある悲しい話でした。私がこの人と同じ人生を歩むとなったら、何回挫折して逃げていたのでしょうか。

 ですが、著者は逃げずに戦い続けました。信念を曲げずに週100時間以上働き続けて、病気なっても働き続けました。私は、そんな彼女を応援していました。この本は飾っていません。著者の輝かしい形跡だけではなく虚しい形跡をたくさんありました。この本は、今夢に向かって進み続けているすべての人に読んで欲しいです。女性だけではなく男性も。読んで得られるものはとてつもないです。

名言紹介

 次に、この本で私の心に響いた言葉を紹介します。そして、私の感想は紹介します。

名言1「どうして」と思うこと

感想
 この「どうして」と思うことが著書のモチベーションを保っていたそうです。心の中で信じていた大切なことで、長い日々の中で、正直もうあきらめてしまおうかと思ったときに、ベッドから這い出る勇気を与えてくれた唯一の力とのこと。

 皆さんは、ベッドから這い出たくない時は、どうしていますか。私は、この前サボってしまいました。本当に後悔しています。あの時、這い出ることができたら、私は自信を持って仕事をできていたと思います。

 ですが、私はサボってしまいました。そして、プロジェクトから外されてしまいました。背中の傷になってしまいました。私も著者のように、自分を奮い立たせてくれる大切な言葉を身につけたいです。

名言2 直感を信じなさい

感想
 直感を信じて失敗すること多数。私の直感は外れます。直感より誰かのアドバイスを優先してきました。そして、失敗したらその人にせいにすることがありました。

 著者は、投資家にアドバイスを求めた際に、ひどい言葉を受けました。それは一般的に考えたら正しい意見でした。ですが、著者はそのアドバイスよりも自分の直感を信じて行動し続けました。直感を信じた結果、荊の道を進ことになりますが成功を収めます。

 著者は、「学べば学ぶほど、直感がささやいたときに、得られた情報を理解して、上手に受け入れられるようになる。この積み重ねが自信を育み、直感は他の誰かのアドバイスよりも、ずっと力強いものになる」と教えてくれました。

 私の直感が外れるのは学びの数が少ないからと気付きました。学びの数を増やすには、直感で動いて失敗する数を増やす必要があります。ですが、失敗したくはないです。その時に救ってくれるのが読書です。本に書かれている著者の失敗談を自分のものにして、学んでいきます。そして、いつか直感を信じて行動できるようになります。

名言3 ギブアップ?それともレベルアップ? どちらのアップを選ぶ?

感想
 困難に直面した時に思い出したい言葉です。

 諦めるか(ギブアップするか)、挑むか(レベルアップするか)どちらを選ぶかによって、今後が変わります。悩み相談の時に、悩んでいる人に伝えたい言葉です。そして、私にも言って欲しいです。どちらのアップを選ぶ?と。この表現は、思いつかないので苦労して成功した人の言葉は違うなと思わされました。

名言4 あなたという人間は、あなたが最も共に時間を過ごす五人の集大成

感想
 この言葉は、元々著者自身の言葉ではありません。ですが、なるほどなと思ったため紹介しました。

 私を磨いてくれる、私の最高の可能性に手を伸ばし、最高の人生を送るために力を貸してくれる人。心から私を愛し、より豪快に私が私を愛せるように励ましてくれる人。私の才能や強み、美しさを思い出させてくれる、戯言に喝をを入れてくれる、自己不信から引き上げてくれる人を選びましょう。

 私の中の5人は決まっています。皆さんはどうですか。一度考えてみるといいかもしれません。

名言5 本物でありすれば、成功が自動的に保障されるわけではない、けれども偽物は必ず失敗する

感想
 この言葉は、商品を大手化粧会社にマネされても売り続けた著者の経験談からくる力強い言葉です。マネしたものは、いかに大手といえど成功しないと。偽物は本物には敵わないと分かる言葉です。

 マネばかりして、本物の自分を出さない人に成功はないと言い換えることができると思います。自分自身を出していかないと、周囲に埋もれてしまいます。本物の自分自身で生きていきたいと思える言葉です。

名言6 一匹狼になることは恐怖の表れ

感想
 「1人でできることは少ないので、協力しましょう」と伝えるために、一匹狼と表現するのではなく、恐怖の表れというのが衝撃的でしたので、この言葉を選びました。

 何でも自分でしたがるとき、そこには心の奥底に根付いたある恐怖が絡んでいるそうです。それは、他人に姿を見せれるほどの価値が自分にはないという恐怖につながるそうです。一匹狼の人は、自信に満ち溢れていると思っていました。一匹狼だなと思うことが私自身ありますが、確かに「自分なんて…」と思う時に感じます。

名言7 お化粧と言う行為に時間をかけることで、自分にはお手入れするだけでの価値があると認めることにもつながる

感想
 価値がある人間になるには、自分で価値がある人間と認めてあげる必要があります。それが化粧をすることです。

 私は男性で、化粧はしませんが身だしなみを整えることと同じだと思います。身だしなみを整えるには時間やお金がかかります。自分に価値がないと思うと、身だしなみに気を遣かわなくなります。心の乱れは、身だしなみに出てきます。自分を認めてあげましょう。自分だけは自分を認めてあげましょう。

名言8 何かが欲しいなら、何かを求めるなら、まずは与えることだ。そうすれば、間違いなく手に入る。

感想
 何かを手に入れるには、欲しがりではいけません。何かを手に入れることができる人は、他人からアドバイスをもらうことができると思います。それは、他人に与えることができたからです。

 1人でできることには限界があります。限界を超えた何を手に入れるには、他人の力が必要です。他人の協力を得るには、まずは自分が与える立場になりましょう。この当たり前ですが、忘れてしまうことを思い出させてくれる言葉です。

名言9 あなたのエピソードから刺激を受ける必要がある人、自分にもできるんだと信じるためにあなたの体験談を見聞きしたい人からチャンスを奪わないで

感想
 自分の話をする大切さがわかる言葉です。自分の話はつまらないからと話をしたがらない人はいると思います。私はそうでした。つまらない人生だと思っていたからです。

 しかし、私の話で勇気をもらえる人がいるのだと、学生時代のアルバイトを思い出しました。私の言葉、私の人生感に影響を受けて、行動を変えてくれた人がいます。何が人を動かすかわからないのです。あなたのなんでもない話が人を動かす大きな力を秘めているかもしれません。与えられる人になれるのだと勇気がもらえる言葉です。

名言10 私たちの内側には、1人残らずに光がある。その光は、自己不信を徹底的に焼き尽くすことも、行き先を照らすこともできる。その光は、嘘偽りのない姿で前に出て、みんなに認められる力と自信を与えてくれる。

感想
 私でも光があるのだと感じることができました。この光は、自分の信念なのではないかと思います。自分の中の信念だけは、曲げてはいけない。信念を強く持つことでどんな逆境も乗り越えられる。私の信念はなんだろうか。信念を見つける旅に出かけます。読書で。

名言11 夢を手放す時を知るのは、夢を追いかける時を知るのと同じくらい大切

感想
 もともと著者のジェイミー・カーン・リマさんは、トーク番組の司会をする夢を持っていました。ですが、世の中の女性を輝かせたいと思い、この夢ををあきらめて、会社を立ち上げることを決意しました。

 人はマルチタスクはできません。何か一つに信念を注ぐべきです。あれをやりたい、これもやりたいと何個も夢を持つと全てが中途半端になります。夢を叶えるためには、他の夢を諦めなければなりません。この夢を手放す大事さがわかる言葉です。

名言12 あなたという力を使ってあなたは何をしますか

感想
 この言葉は、最も有名な言葉ではないでしょうか。CEWで優秀賞を受賞した時の受賞スピーチの最後に、観客に伝えた言葉です。

 CEWでは、大きな力を持った人がたくさんいます。その大きな力を持った人たちが、お金儲けのためのことばかりやっていてはダメだと著者はストレートに伝えた言葉です。この本には、この言葉で思いっきり叱られた話が紹介されていました。それは、本書を購入して読んでください。

 私たちには、一人一人光を心の中に持っています。この光は、力です。自分のためだけに使うことも周りの人のために使うことができます。あなたを、あなたという力で何をしますか。

まとめ

 ジェイミー・カーン・リマさんの物語を知り、何も持っていない自分でも何かをできるのではないかと思い知りました。何かをするには、自分の中にある光、信念を強く信じ行動するべきです。私というかけがえのない力があるのだから。

タイトルとURLをコピーしました