最終回 読書術を伝授!読書術本を読んできた私がおすすめする読書術〜まとめ〜 

スポンサーリンク
おすすめ記事

 今回の記事で読書術シリーズが終わりになります。これまでありがとうございました。このシリーズでは、私の人生を大きく変えてくれた読書について紹介してきました。本は私を絶望から救ってくれました。私と同じように境遇の方がいらっしゃったらTwitterでコメントして頂けたら嬉しいです。

最終回 まとめ 

本を読むことは生きること

 これまでの多くの人と関わって、人生を過ごしてきた思います。自分に優しくしてくれた人もいれば、意地悪をしてきた人もいると思います。

 そんな人たちからの言葉を浴び続けて、自分の中の課題を解決する。それが生きることだと私は思っています。

 生きる力を身につけるには、多種多様な意見に耳を傾け、その中で自己主張を続けていくことが重要です。

 多種多様な意見は、本の中にあります。同じジャンルの本でも、著者によって意見は違います。本を読み、生きる力を身につけましょう。年齢は関係ないです。今から始めましょう。

 運命の本

 生きる力を身につけるために読書をすると運命の本に出会うことがあります。さて、ここで質問です。運命の本に出会うためときはどんなときでしょう。
 
 それは、悩み苦しんだ時です。上手くいかなく、人生がどん底にいると感じた時が運命の本と出会えるチャンスです。

 運命の本と出会うために本屋さんに行きましょう。仲間と愚痴を言い合っても、どん底から這い上がることができません。仲間と群れても解決しません。

 あなたを救ってくれるのは本です。そんな本は人気書が平積み置かれているところではなく、棚の中にひっそりとあります。

 その本を手に取り、読むことであなたの中に新たな考えが生まれ、あなたを驚かせます。運命の本とはそのようにして出会うのです。

 本という漢字

 「本当、本心、本気、本質、本格、本腰、本物」と人間の根本を示す言葉に共通点があります。それは本という漢字が使われていることです。人間の根本を変える原動力は、既知の解説ではなく、知らないことを知ることにあります。自分の知らないことを知る機会は本の中にあります。

最後に

 読書はあなたを教養人にする力があります。本を読むリーダー(reader)から生きる力を身につけ、みんなを引っ張るリーダー(leader)になりましょう。

前回の記事はこちらから

第6回 読書術を伝授!読書術本を読んできた私がおすすめする読書術〜おすすめ本〜 
この記事では、読書方法についての本を紹介しています。ただ読書をするだけでは、時間とお金とエネルギーの無駄遣いです。正しい読書方法を身につけることで、読書は最高の自己投資になります。この記事に紹介されている本を読んで、読書法を身につけてください。
タイトルとURLをコピーしました