第3回 読書術を伝授!読書術本を読んできた私がおすすめする読書術〜なぜ読書ができないのか〜 

スポンサーリンク
おすすめ記事

 前回の記事で日本人の読書量について紹介しました。この記事では、なぜ読書をすることができないのかについて紹介します。

この記事のまとめ

 ・読書ができな人には3つの病気を抱えている可能性があります。
 1完読の病
 2コミットメントの病
 3積読の病
 ・読書は、「なぜ」を意識すると人生に役立つ読書になる
 ・ひらめきは、スノードームの原理と同じ

第3回 なぜ読書ができないのか

 読書をしようと思って、本屋さんでとりあえず本を購入すると思います。ですが、購入した本を読もうと思って数ページ読んで、読むことを諦めた人はたくさんいるのではないでしょうか。そして、気になった本があれば購入し、数ページ読んだら満足して、また気になった本があれば購入しを繰り返していると思います。

 そうして、気づくのです。本がたまってきたなと。どうしようと思っても、解決法が思い浮かばずにタンスの肥やし・・・。この負の連鎖に巻き込まれている人は多いと思います。これでは、本屋さんに行くというエネルギーや本代というお金の無駄遣いです。

 ただでさえ、エネルギー消費を抑えて生活したいのに、これでは無駄のオンパレードです。では、なぜこの負の連鎖が起きてしまうのかについて紹介します。

読書の3つの病気

まず、読書ができない人は3つの病気を抱えている可能性が高いです。(病気といっても、病院に行かなければならないとかの話ではありません。傾向があるというだけです。)

病気① 完読の病

 1つ目は、「完読の病」です。この病気は、本は最初から最後まで読まなければならないと思い込むことが特徴です。せっかく購入した本なので、最初から最後まで読まないともったいないですからね。

 ですが、本には相性があります。自分に合う本や合わない本があります。合わないなと感じたら、もう本を閉じましょう。そして、新しい本を開きましょう。

 最初から最後まで読む必要はないのですから。

病気② コミットメントの病

 2つ目は、「コミットメントの病」です。この病気は、1冊の本を読んでいる時は、他の本を読んではならないと思い込んでしまうことが特徴です。

 私たちは、人間なのですから飽きるのは当たり前です。私は、3冊並行して読むようにしています。飽きたなと感じたら、次の本を読んでいます。1冊しか読んではいけないなんてルールはありません。

 自分の気分に合わせて読んでいきましょう。

病気③ 積読の病

 3つ目は、「積読の病」です。この病気は、買った本を未読のまま読み残しており、そのことについて罪悪感を抱くことが特徴です。この病気の治療は簡単です。

 それは、積読を肯定しましょう。積読本は、そこにあるだけで意味があります。憧れている著者の本や知的好奇心をくすぐられるタイトル、深い問いを投げかけている本は常に視界に入ることで、無意識の内に自分の性格や発する言葉に大きな影響を与えます。

 私のおすすめは、積読本をベッドの上に置いておくことです。寝る前に少し読もうかなと思いますしね。

読書するときに意識したいこと

 私たちを蝕む読書の病気について紹介しました。では、どのようなことに気をつけて読書をするべきなのでしょうか。その答えについては、次回以降の記事で詳しく紹介したいと思います。簡単にここで紹介します。

まずは、その本をなぜ読むかを意識しましょう。例えば、売上が上がらなくて困っている営業マンには営業のノウハウが詰まった本を、効率的な読書をしたい人は読書術の本を読むとかです。

 そして、本は人生に活かすことを前提に読みましょう。意味のない読書ほど時間が無駄になることはないですからね。この場面で活かせるかもと少しでも思ったら、この課題はクリアです。

 この課題をクリア後、自分が著者、主人公だったらどう行動するかをイメージしながら読み、実践しましょう。実践こそ最大のアウトプットです。基本の読書は、ここで終わりです。

 次に意識してほしいのは、運命の1冊、著者に出会うまでは多読、速読をすることです。出会いの数だけ、ひらめきはあります。そのために、多読や速読で本との出会いを増やしましょう。この多読については、次回以降の記事で紹介します。運命の1冊に出会ったら、著者の智慧、人格、行動、習慣、感情などをインストールするつもりで繰り返し読みましょう。ここで精読が行われます。

 このように読書するにはコツが必要です。このコツについては、私が紹介しますので安心してください。読書することで、新しい価値観と出会い、あなたの頭の中にひらめきが発生します。このひらめきは、外部からの刺激によって頭の中に振動が与えられて、頭の中に知恵の粒が舞い上がり、模様を作る。この新しい模様のことをひらめきと言います。(ここでの)。



 頭の中は、スノードームのようになっています。スノードームは、中に入った粒が動くことで雪が降っている風景を生み出すことができるものです。頭の中には、生きた粒と死んだ粒があります。生きた粒とは、外部からの刺激によって攪拌されたら舞い上がって、なんらかの形状になる記憶のことです。死んだ粒とは、一度脳にしまわれ、忘却した記憶です。ひらめきを得るには、生きた粒を増やす必要があります。生きた粒を増やすには、読書する必要があります。本を読んだときの学びや感情をしっかり記憶させることで、生きた粒になります。これらの生きた粒を繋げることで、ひらめきが生まれます。

まとめ

 この記事では、読書ができない理由と読書とひらめきについて紹介しました。読書は義務行為ではないのです。読みたいからする行為です。次回の記事では、読書のメリットについて紹介します。

前の記事はこちらに

第2回 読書術を伝授!読書術本を読んできた私がおすすめする読書術〜日本人の読書量〜 
この記事では、日本人の読書に対する評価について紹介しています。日本人が月に何冊の本を読むか知っていますか。読書に対してどんな印象を持っているのでしょうか、読書をすべき年齢は。統計結果を見ながら、解説を行なっています。

次の記事はこちらに

第4回 読書術を伝授!読書術本を読んできた私がおすすめする読書術〜読書のメリット〜 
この記事では、読書のメリットについて紹介しています。読書のメリットには、①成功体験と失敗体験を学べる②表現力がUP ③知識の会得で挑戦ハードルが下がる④自己肯定感が高まる⑤人生の師匠が挙げられます。読書によって解決できない悩みはありません。  
タイトルとURLをコピーしました