ビジネス書

ビジネス書

[私の読書ノート29] 苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」 

この記事では、森岡毅さんの「苦しかったときの話をしようか ビジネスマンの父が我が子のために書きためた「働くことの本質」」の読んだ感想を紹介しています。この本は、親である著者が子どもに向かって、働くことを人生の経験やそこから得た学びを使って紹介してくれます。
ビジネス書

[私の読書ノート26] 20代を無難に生きるな

この記事では、永松茂久さんの「20代を無難に生きるな」を読んだ感想を紹介しています。20代は、学生から社会人になる節目になる時期です。この20代での頑張りによって、今後の人生が大きく変わると言っても過言ではありません。どのような20代を過ごせば良いのでしょうか。
ビジネス書

[私の読書ノート25] 多様性の科学 画一的で凋落する組織、複数の視点で問題を解決する組織 

この記事では、マシュー・サイド(Matthew Syed)さんの「多様性の科学 画一的で凋落する組織、複数の視点で問題を解決する組織」を読んだ感想を紹介します。多様性を受け入れる現代には必須の本です。多様性を受け入れる理由は何ですか。その答えはここに。
ビジネス書

[私の読書ノート19] 社会人1年目からの読む・書く・考える・伝える技術

この記事では、木山泰嗣さんの「社会人1年目からの読む・書く・考える・伝える技術」を読んだ感想を紹介しています。新入社員用の教科書になっています。この本は、社会人としてのマインドより実践的な内容になっています。もちろんマインドも紹介されています。
ビジネス書

[私の読書ノート17] 社会人1年目の教科書 「伸びる人」の習慣 「伸びない人」の習慣 

この記事では、菅沼勇基さんの「社会人1年目の教科書 「伸びる人」の習慣 「伸びない人」の習慣」を読んだ感想を紹介します。新入社員の方やこれから新入社員になる学生さんに読んでほしい教科書になっています。教科書がありかないかでスタートダッシュが変わります。
ビジネス書

[私の読書ノート4] 夢をかなえるゾウ0 ガネーシャと夢を食べるバク

この記事では、「夢をかなえるゾウ0 ガネーシャと夢を食べるバク」を読んだ感想について紹介しています。自己啓発本に抵抗がある方に、おすすめの本です。キャラクターがしっかりしているため、楽しみながら自分に必要なことが身に付きます。
ビジネス書

[私の読書ノート2] 入社1年目からどう働くか  社内外で評価される人材になる新・生存戦略  

この記事では、イシコさんの「入社1年目からどう働くか  社内外で評価される人材になる新・生存戦略」を読んだ感想を紹介しています。本書は、コロナ禍で出版された新しい新入社員用の教科書になっています。これまでの働き方では、生き残れない。
タイトルとURLをコピーしました